後藤真希さんも愛用している事で話題の「すっきりレッドスムージー」は、ただ飲むだけで、楽々ダイエットが出来ると話題沸騰中のダイエットドリンクです。

 

しかし、健康ドリンクやダイエット食品などは、妊娠中の方や授乳期のママさんなどには使えないという商品も存在します。

 

そこで今回は、当のすっきりレッドスムージーは妊娠中・授乳中の方にも安心して飲んでいただけるのかを調査してみました。

すっきりレッドスムージーは妊娠中に飲んでも大丈夫?

結論から言えば、すっきりレッドスムージーは妊娠中のママさんが飲んでも問題はありません。

 

むしろ、妊娠中は酵素や乳酸菌といった成分を積極的に摂る事が薦められていますし、健康を保つための栄養補給にも効果的で、さらにレッドジンジャーには妊娠初期のつわりを抑える効果があります。

酵素が妊娠中のママさんをサポート!

酵素は妊娠中に崩れやすくなるホルモンバランスを整えたり、身体の巡りを改善して、お腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼす手足の冷えを解消する効果があります。

 

さらに、妊娠中はちょっとした事で便秘になりやすく、それによって肌荒れや体調不良を引き起こしてしまう事もあるため、高いデトックス効果のある酵素は妊娠中のママさんに特にお薦めです。

乳酸菌で赤ちゃんも健康に!

乳酸菌には体の巡りを整える効果があるため、酵素と同じような働きを持ち、さらに酵素と同時に摂る事で相乗効果にも期待が持てます。

 

また、乳酸菌には妊娠中のママさんやお腹の赤ちゃんの免疫力を高めるという効果もあります。

 

特に、産まれてくる赤ちゃんの、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患の予防に高い効果がある事が医学的に証明されています。

すっきりレッドスムージーは授乳中に飲んでも問題ない?

妊娠中の場合と同じ理由で、授乳中のママさんにも是非お薦めしたいところです。

 

さらに、授乳中のママさんの腸内環境と赤ちゃんの健康はシンクロしていると言われています。

 

酵素や乳酸菌の働きによって腸内環境が整えられると、母乳にママさんが摂取した栄養素やビフィズス菌などがしっかりと溶け込むため、すっきりレッドスムージーは授乳期の赤ちゃんの健康を保つ事にも繋がります。

妊娠中、授乳中に飲む場合の注意点

ここまで書いてきたように、すっきりレッドスムージーを飲む事は、妊娠中・授乳中のママさんにとっても赤ちゃんにとっても非常に有益です。

 

しかし、飲み方を間違えてしまうと逆に健康を害してしまう可能性があるため、以下の条件は必ず守って使用するようにして下さい。

注意点①食事制限は控える事!

母体の状態によっては医師から食事制限の指示をされる事もありますが、基本的には妊娠中・授乳中の食事制限を伴うダイエットは禁止です。

 

妊娠中であれば赤ちゃんにしっかりと栄養が届かず、胎児の成長に悪影響を与える可能性が高いため、食事はきっちりと食べるようにしましょう。

 

また、授乳中の場合は母乳に含まれるはずの栄養分が薄まってしまうため、この場合も無理な食事制限は厳禁です。

 

妊娠中や授乳中はダイエット目的というよりも、体の巡りの改善や栄養補給を目的として飲んでいくのがベストです。

注意点②身体に変調があればすぐに使用を止める事!

酵素や乳酸菌を摂取すると、体質によりお腹が緩くなったり、発熱や倦怠感などの症状が出てしまう方がおられます。

 

これは「好転反応」という、腸の機能などが改善される経過で一時的に見られる症状で、基本的にはそのまま継続して使用しても良いものですが、妊娠中の方には負担になってしまう事があります。

 

授乳中はそれほど心配する必要はありませんが、妊娠中は非常にデリケートな時期ですので、このような悪症状が見られた場合はすぐに使用を中断し、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

注意点③飲み過ぎない事!

すっきりレッドスムージーには飲む量に制限などはありませんが、妊娠中や授乳中には説明書の使用目安に沿って使用するのが無難です。

 

ちなみに、すっきりレッドスムージーに含まれている成分を過剰摂取する事で、母体や胎児に悪影響を与えるという研究報告や副作用の例はありません。

 

しかし、乳酸菌などを大量に摂取するとお腹が緩くなる方もおられますし、過剰に摂取した栄養素のほとんどは体外に排出されてしまうため、軽微なリスクはあれど、有効性についてはあまり意味が無いようです。

 

すっきりレッドスムージーの口コミ>>